自由な形に仕上げる”カットアウト”の方法 番外 手切り編

カットアウト方法について

前回、主に2つの手法があると説明させていただきました。(小ロット:カッティングマシーン、大ロット:トムソン(ビク)抜き)
実は前回説明を省きましたが、禁断の第3の方法が存在します。
業界では亜流の方法とされていますし、職人技術が必要となる為、なかなかこの手法が出来る企業が少ないのも事実です。

下記に説明しておりますのでご興味ある方がいらっしゃれば、その少ない企業もご紹介させていただきます。どうぞご相談ください。

手切り

簡単に説明すると図画工作のようにカッターを使いカットしていく方法です。ものすごくアナログな手法ですが、だからこそ職人技が光る方法です。

〈利点〉
カット用の歯型がいらず固定費がかからない為、小ロットの場合は安価であり、また機械や歯型よりも細かいカット可能で、大きなサイズも対応できます。
またスチレンパネルのような物の場合、コバ(断面)が綺麗

〈欠点〉
人力の為、基本大ロットは無理。やっているところが少ない。職人技の為仕上がりに個人差が出ます。人力の為大ロットには不向きまた固い紙にも不向きです。

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

イェ〜ィ!ジャスティス!!

イェ〜ィ!ジャスティス!!

投稿者プロフィール

手先が器用なだけが取り柄の
物作りが大好きな昭和生まれのおっさんです。
好きな映画はSTARWARSです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …

最近の投稿

ページ上部へ戻る