小ロットでオリジナル封筒を作りたい!既製品への刷込み印刷

社名や店名の入った封筒を作るという場合、既製品に印刷をすることがほとんどです。
というのも、紙やデザインにこだわって、別製(別注)で作りたいと思っても、既製品に比べると費用が高く、納期も長くなるからです。

既製品への印刷(刷り込み)では、形やサイズ・用紙・デザイン(印刷)に一部制限もあります。ただし、既製品でできることも増えていますのですぐに別製にするのではなく、慎重な判断も必要です。

既製品への刷り込み封筒のポイント
形・サイズ

よく使われる長3や角2、洋2サイズの既製品がもちろんありますが、正方形など一般的でない封筒を作っているメーカーはもあります。

デザイン

基本的には周囲に余白が必要になるため端まで印刷ができません。
印刷会社により予め用意してあるデザインテンプレートを使用した上でデザインすると良いでしょう。
ただ、特殊な印刷機では余白無しも可能です。(少し高くなりますが・・・)

枚数と印刷機のマッチング

オンデマンド印刷であれば100枚以下、
オフセット印刷では、100枚~1万枚くらいまでが適正です。
1万枚以上だと、逆に別製の方が安く作れたりします。

ちなみに、オンデマンド印刷は小ロットの印刷が安いですが、クオリティはオフセットの方が高いです。
色味にこだわりたい場合は、少々高くてもオフセット印刷指定をお勧めします。

  • 印刷する内容が、社名・住所・ロゴ
  • 必要な枚数が1,000枚
  • 紙が一般的なものでよい

ということでしたら既製品刷り込みをお勧めします。

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

ふじさん

ふじさん

投稿者プロフィール

長崎のド田舎から上京して早数年。
大都会東京には慣れてきたけど満員電車には慣れません><

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …

最近の投稿

ページ上部へ戻る