堅物相手でもスジを通せば折れてくれる!? 〜印刷のスジ入れ加工の話〜Part2

以前、「堅物相手でもスジを通せば折れてくれる」と記事を書きました印刷物のスジ入れ加工では、データ入稿時に山折・谷折の指示が必要になります。
→前回の記事はこちら

ただ、ここで注意が必要なのが、スジを入れて凹ます面は折る方向と逆側になることです。普通に考えると凹が谷折り、凸が山折りと思いがちですが、下の図を見ていただくと分かるように凹んだ面を内側に折ると、紙の張力によって戻りやすくなるのです。

勘違いしてスジを入れる面の指示を間違ったままに入稿してしまうと、使い勝手の悪いものが出来上がってしまいます。
スジ入れは印刷後の工程となりますので、間違った場合は印刷からやり直しとなってしまいます。くれぐれもご注意を!

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

サタンの足の爪

サタンの足の爪

投稿者プロフィール

気力、体力、知力、精力、際限無く低下中!
硝子の中年は激動の現代に生存可能なのか?

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …

最近の投稿

ページ上部へ戻る