制作を依頼する!

良く聞く悩みごと…

  • 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない…
  • 変わり映えがしない…
  • なんだか高い…
  • 変えるのも勇気がいるので仕方ない…

制作は、ある人の感性を形にしていく作業になるため、変化させることも難しい面があります。そのためにはコミュニケーション量を双方増やすことが非常に重要な業務です。

そのコミュニケーションは、ただ話す量を増やせば良いというものでもなく、質を高める必要があります。
制作を受ける立場からすると、ラフ案を幾つか用意したり、そのデザインの背景をしっかりと説明することで、お客様とのコミュニケーションを増やし、今後のデザイン意向、またその意図、課題などへの理解を深め、最終的な質を高めていくことが重要です。
この基本姿勢が出来て、初めてお客様とのコミュニケーションが建設的に増えていき、良い循環が出来てくると言えます。

制作会社によっても姿勢は異なりますが、ラフ案から数案持ってきてくれる会社は存在しますし、しっかりと耳を傾けてくれる担当と、制作会社の好みを押し付けてくる会社もあります。

制作は、あくまで顧客が主体です。
お客様の中にあるイメージに近いものを仕上げていくのがデザインです。

今不満があれば、それを一度しっかりと伝え、それでも不満が解消されない場合は、別の会社へ委託するなど、一歩踏み出せば違う景色が見えるかもしれません。

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

すぅ卍

すぅ卍COO

投稿者プロフィール

趣味:ゴルフ、ハンドボール、食べ(飲み)歩き、
特技:ドS、コンサルティング、
好きなモノ:ミラ・グレーン、煙草、

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …
ページ上部へ戻る