デザイナーが教えるIllustratorの小技~基礎編~
チラシの見栄えがグンとUP!プライスの見せ方

私たちの日常生活にはたくさんの広告があります。電車のつり革や新聞の折り込み、飲食店のメニューも広告であり、おばあちゃんがメモ用紙によく使うあの裏紙が真っ白なチラシも広告です!
そんな皆さんが何気なく見ている広告、実は知らないだけで文字にちょっとした工夫がされています。今日はその裏話をお教えます!

まずはじめに、「1,000円」という二つの文字を見て下さい。

何か違いがあるのがわかりますか?
本っっっ当ぉぉ〜に!!些細な箇所なんですが、「1,000円」のカンマ(,)が「A」だと文字全体の高さから下に飛び出しているように見え、 「B」だと他の文字と高さが同じに見えるように調整しているのです。Illustratorの作業上では、一文字一文字を全て同じサイズにすると必ずカンマ(,)が他の文字より下に飛び出しているように見えてしまうのです。

Illustratorの作業としては、カンマ(,)のみ現在の位置より上に上げ、高さを他の文字と合わせます。この時使用するのは文字パネルの「ベースラインシフトを設定」です。

赤線で囲まれた所ですね!
この「ベースラインシフトを設定」の数値を上げたり下げたりすることによって、左右に並んでいる文字との高さを調整します。

こうした細かい部分の積み重ねでより見やすい広告になっていくんですね!この細かさが気になり始めたらあなたも文字マスターになれる日が近いでしょう。

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

shikky

shikky

投稿者プロフィール

デザイナーとして働いてます!
趣味はお酒を呑む事、家の周りを散歩する事、
本屋で本を買わず延々と立ち読みする事です!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …
ページ上部へ戻る