【印刷物ミス&クレームあるある】
中綴じ製本の膨らみ

中綴じ冊子は、重ねた紙を二つ折りにして針金で留めています。
→中綴じについての詳しい記事はこちら
そのため、紙が厚かったり、ページ数が多いものは中央に膨らみが出やすくなってきます。出来上がった冊子の背が膨らんでしまって、こんな風になるの!?なんてことがあるかもしれません。
実際に膨らみの出てしまった例
ものによっては、重りをのせたり、重ねて保管しておくことで膨らみが軽減されることもあります。
また、印刷会社で重りをのせてもらい、膨らみを減らすこともできますが、膨らみを出したくないという場合は、製本を無線綴じに変えることをおすすめします。
ただ費用的には、無線綴じの方が中綴じよりも高くなります。

なお、ページ数が多いと針金で留めることができません。一般的には60~70pくらいが限界になります。

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

ふじさん

ふじさん

投稿者プロフィール

長崎のド田舎から上京して早数年。
大都会東京には慣れてきたけど満員電車には慣れません><

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …
ページ上部へ戻る