目的別に考える販促物のカタチ。「中綴じ製本」と「無線綴じ製本」

製本方法

製本方法は一般的に、「中綴じ製本」「無線綴じ製本」の2つが主流です。

中綴じ製本


冊子を開いた状態の紙(1枚4ページ分)を重ね合わせ、2つ折りにし、中心部分を針金で綴じる製本のこと。ページ数は必ず4の倍数になる。
また、針金で製本するので、大量なページ数には向かない。
左右のページにまたがる見開きの写真や、両ページの根元まで開けるようにしたい場合は、中綴じ製本がオススメ。

無線綴じ製本


丁合を取った本文ページ背部分に糊をつけ、表紙を貼る製本のこと。
ページ数や用紙厚に応じた幅の背表紙が出来るのが特徴。
また、綴じ部分側の根元付近にある文字・絵柄は見えなくなる可能性がある。
ページ数が多い場合は、無線綴じ製本がオススメ。

綴じ方向

冊子の綴じ方向の選び方は、文字の流れに沿う形にするのが一般的。
文章や視線が、左から右、上から下に流れるような横書きのレイアウトなら左綴じがオススメ。
上から下、右から左に流れる縦書きのレイアウトなら右綴じがオススメ。
ただし、決まりはなくデザイン、用途に沿って決定する。

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

やまやん

やまやん

投稿者プロフィール

PC大好き!ゲーム大好き!オタク気質の営業マン!
印刷オタクを目指して日々精進中。
好きな言葉は「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」
働き盛りの30代。老後は山奥に籠りたい。。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …
ページ上部へ戻る