デザイナーが教えるIllustratorの小技~基礎編~定番中の定番技!!オブジェクトに影をつけよう

Illustratorを活用した事のある人なら誰しも使った事のある効果ツールの「ドロップシャドウ」や「ぼかし」。
「ドロップシャドウ」は名前の通りどんなオブジェクトにも影をつける事ができます。
「ぼかし」は画像には直接効果が適用されませんが、色そのもののオブジェクトに使用するとこれまた名前の通り、 「ぼかし」がかかっているように見せられます。
今回はもっと自然な影があるように見せる方法をお教えします。

画像にそのままドロップシャドウを適用する

まずはそのまま何もしていないリンゴの画像に「ドロップシャドウ」をつけましょう。
こちらは何もしていないリンゴの画像。

画像を選択した状態で、アピアランスパレットの左下にある「fx」マーク(新規効果を追加)メニューからドロップシャドウを選び、効果を適用します。


こうして完成したリンゴの画像は、リンゴの右上部分や左下部分の余分な部分まで影がつき、一見するとリンゴ全体から影が出ているようで不自然ですよね。

リンゴの影をつけたい部分にだけドロップシャドウを適用する

続いてリンゴの影をつけたい部分に新たにオブジェクトを作り、それに「ドロップシャドウ」をつけます。

黒の楕円形のオブジェクトを重ね順で最背面を選択して完成です。

楕円形のオブジェクトのみ「ドロップシャドウ」がつき、リンゴの下部分に影があるように見えてきましたね。

ドロップシャドウを使わずにより自然な影をつける

最後は影自体のオブジェクトを作り、それに今度は「ぼかし」を使用して、影そのものを作ります。

影の形の楕円形をグラデーション色に塗り、そのオブジェクトに「ぼかし」をつけます。

「透明パネル」で乗算します。そして、先ほどと同じ方法で重ね順を最背面にし、リンゴの画像の後ろに配置を変えたら、完成です。

より自然な影をつけることができました。

どうでしょう?影のつけ方にもいろいろ効果や効果の使い方によって、種類があるんです。

見せ方によって影のつけ方を変えるのもいいですね。ぜひ皆さんもチャレンジしてください!

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

shikky

shikky

投稿者プロフィール

デザイナーとして働いてます!
趣味はお酒を呑む事、家の周りを散歩する事、
本屋で本を買わず延々と立ち読みする事です!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …

最近の投稿

ページ上部へ戻る