製作後に泣かないためのDM製作・発送ルール〜見落としがちな郵便規定その1

近年、日本郵便の「郵便規定基準」「広告郵便の承認審査」が大変厳しくなっており、最近は少しでも手順や条件を間違えるとNGになるケースも増えています。

また事前審査は郵便局ごとに運用の判断基準が異なるため、仮に投函や審査を予定していない郵便局で行うと郵便はがき料金の適用・広告承認を得られない可能性もあります。そうならないためにも事前審査は投函または審査を予定している郵便局で行いましょう。

ここでは製作する上で、いくつか見落としがちな郵便規定の注意点をまとめております。

「郵便はがき」・「POST CARD」を表示する

私製ハガキの場合、郵便はがきとしての料金が適用されるために必ず明記してください。

料金後納と料金別納の違い
料金後納 料金別納
事前に郵便局から承認を受けておく必要がある 事前に郵便局から承認を受けておく必要がない
翌月に料金をまとめて支払う 送ったときに料金をまとめて支払う
後納郵便物差出表とゆうびんビズカードを提示する必要がある 特に必要なし
定期的に大量に日本郵便のサービスを利用する人向け 不定期に大量に日本郵便のサービスを利用する人向け

どちらの支払い方法についても大量に送るときの手間を省けるというメリットが存在しています。

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

イェ〜ィ!ジャスティス!!

イェ〜ィ!ジャスティス!!

投稿者プロフィール

手先が器用なだけが取り柄の
物作りが大好きな昭和生まれのおっさんです。
好きな映画はSTARWARSです。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …

最近の投稿

ページ上部へ戻る