印刷物の表面加工の1つであるPP加工の特徴や注意事項についてご紹介します。

PP加工の特徴

印刷物を保護したり高級感を持たせたりする手法の一つとして、PP加工があります。
PP加工とは、接着剤を塗布して紙とフィルムを圧着して貼り合わせる加工です。
フィルムには、ポリプロピレンを原料としたフィルムを使用します。
フィルムにはツヤ(光沢)があるグロスPPと、ツヤ(光沢)のないマットPPの2種類が存在します。

PP加工の注意すべき点

PP加工は注意事項が多く存在するので、仕様決定の際には印刷会社に相談しながら進めることを推奨します。

PP加工を施すと、印刷面が平滑になり色が濃く見えます。仕上がりの色がPP加工前と異なるため、色味が重要な印刷の際には注意が必要です。色校正の際にもPP加工を施すことをお奨めします。
他にも用紙などに留意事項があります。

もっと詳しく話を聞きたいという方は、お気軽に下記までご連絡ください!

Contact

印刷物に関する様々なご相談を以下のフォームより承っております。
案件のご相談などお気軽にお問い合わせください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信いたしますので、よろしければチェックを入れて下さい。

とろーる

とろーる

投稿者プロフィール

幸せを運ぶ人形に似た営業マン。
貴方にも幸せと印刷物をお届けします。
愛する娘にデレデレの30代の青年(オジサンジャナイヨ)です。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2019-5-9

    アイディアを詰め込んだ完全オーダーメイドの封筒を作りたい!

    オリジナルの封筒を作りたい時、別注で封筒を作成することができます。ご要望に応じて、特殊な用紙を使用し…
  2. 2017-4-5

    制作を依頼する!

    良く聞く悩みごと… 初期ラフ案を1案しか持ってきてくれない… 変わり映えがしない… …

最近の投稿

ページ上部へ戻る